注文住宅はガレージなどのエクステリアにも予算を



一般的なことになりますが、実際に新築のマイホームを手に入れるときは、特に戸建ての家の場合は、新築注文住宅や新築建売住宅ということになるでしょう。建売住宅の場合は建物は勿論ですが、家の周りの所謂、外構工事もある程度なされているのが普通です。 



そして、建売住宅は近年では注文住宅にも負けないほどの品質的にも良くなったし、家の内装関係についてもしっかりしたものが使われているようです。従って、常日頃忙しいサラリーマンが新築家屋を求めるには新築の建売住宅が意外と人気があって購入件数もそれなりに多いとされています。





一方、注文住宅の場合は土地の選択から始まって家そのものの様相も、ユーザーで施主や家族たちの意見を聞きながら理想の家づくりが出来ることが最大の特徴でありメリットでもあるのです。ただ、注文住宅の場合は土地の費用はともかくとして、建築費用に関してなどは建物だけの予算額に目が向いてしまいがちです。 



実のところ、我々家族たちの住む者が地面の上に住宅が完成しても、ただ単に住むことだけだったら可能ではあるが、普通の生活に最低でも必要なのは家の周りのことも気にする必要がありますし、それなりの施工も必要になってきます、このことを一般には外構工事とも称しているのです。





家を造るということは、特に戸建ての注文住宅となりますと、其の周りは何らかの形で土地などの敷地に囲われています。従って、新築の注文住宅をこれから敷地内に建てようとする時は、家の周り周囲のことや其の土地の状態や形それに環境によっても左右され、色んな要素が合わさって建てるのが一般的になります。



例えば、野中の広い一軒家なら兎も角、首都圏のような家がソコソコ立ち並んでいる場合は、土地の周りにはフェンスなど其れなりの工事や整備が必要になってきますし、庭造り、庭園や盆栽趣味の人もいるでしょうし、車のガレージや住居内以外にも物置なども必要でしょう。特に車の駐車スペースは屋根のない置きっぱなしの状態よりも、やはり風雨や夜露をしのげるせめて屋根付きのガレージなども必要になってきます。





特に、新築注文住宅の場合は特に予算面においても忘れがちなのが、以上のような家の周りの工事のことになり予算面もそれなりにかかてしまうのが注文住宅の必要条件になってきます。特に、家の周りのフェンスやガレージなどの施設環境を整えることを家の内装のインテリアに対してエクステリアともいい、外構工事ともいわれるものです。新築の家ばかりでなく、周囲も見た目が綺麗で美しくい外回りを飾る事も大事であり、このことをエクステリアと称しています。









ガレージにもこだわりたい注文住宅

多くの人が憧れる「注文住宅」。なんといっても注文住宅においてとても重要なことになってくるのが、自分の理想を叶えることができるのかどうか、ということでしょう。

そういう理想の一つとして君臨しているのがガレージです。

あくまで住宅そのものではないとも言えるところではありますが、このガレージなどにも色々とこだわるということによっ、て十二分に面白い住宅にするということができるようになるわけです。

具体的にそれはどのようなことであるのかと言いますと、ガレージに様々な機能をつけるということです。

別にそこに寝泊まりをするということではないのですが、それなりの広さを用意するということができるようになりますとそこで車を入れること以外にも使えたりということができたりします。作業場にしたり、車のメンテナンスをしたり、洗車もできます。はたまたお子様のプライベートプールを置いて楽しむこともできるでしょう。

注文住宅であれば、かなり自分の求めるタイプのガレージというのを実現しやすくなるということになるでしょうから、毎日の暮らしが楽しくなるということは間違いないわけです。

しかしながら、ガレージはコストがかかってきます。単純に家+ガレージといったことになるので、結構な金額になってしまうというのもまた事実です。可能な限りしっかりとした予算を組んで、それを超えないようにということをしっかりと意識して注文するようにしましょう。

それができるかどうかということで失敗するかどうかということに大きく影響することがあったりします。

注文住宅でガレージを決めるという時にはそもそもどのぐらいの土地に設置することができるのかということから、まずは絞り込んでいくことになるでしょう。そしてどのような機能があるガレージなのかということも重要でしょう。

それこそ電動であるのかどうかということなどだけでもだいぶ違いがあったりするわけですから、これはしっかりと確認しておきたいところではあります。

ガレージの設備もピンからキリまで幅広くありますので、何をどのレベルまで採用するかの決断が必要になります。良いものを見ると良い方を選びたくなってしまうのは必然のことです。予算と優先順位を定めておきましょう。

また、ガレージの大きさもそうですが、中身も重要です。そうしたことを確認することによってイメージと違ったとか使い勝手がいまいち、ということもなくなることでしょう。費用面から考えたり、或いは実際に土地にあわせて考えてみたりとやり方は様々です。

建ててから気づくのでは遅いので、事前に入念に計画を練り、最高のガレージライフを送りましょう!

注文住宅でガレージをつくる

注文住宅では、やはり居住する「住宅」を中心的にイメージしてつくり上げていくというイメージが強いかと思います。もちろんこれは間違いではないのですが、住宅に付随する機能なんかも重要になってくるわけです。

庭に置くものとか、そもそも庭づくりとか外構などそういった部分にも重点をおくことも注文住宅においては大切なことであると言えるでしょう。

具体的に言いますとガレージなどです。やはり注文住宅においても、ガレージにもこだわりたいということもあるでしょう。特に車が好きな人は是が非でも取り入れたいという人が多いのではないでしょうか。

後付するような形でガレージを作るというのも良いですが、ガレージハウスと呼ばれる最初からガレージと一体になっているような住宅というのもかなりメリットはあったりします。

ガレージハウスであれば、ガレージと家がくっついてるので電気とか水道といったようなシステムもそこにつなげておくということができるでしょうし、何と言っても出入りする時にとても楽です。家と車との移動の際に、天候を気にしなくて済むようになります。

セキュリティにおけることも、実はガレージがあった方が良い部分も多いのです。そういう意味においてもガレージはオススメできる住宅の機能の一つ、設備であるといえるでしょう。

またガレージは、建築会社によっても違いが大きく出てきます。せっかくガレージを作るのであれば、ガレージハウスに長けている、ガレージにおいての建築実績も豊富なところを選ぶということがポイントになることでしょう。

住んでみないと気付かない落とし穴なんかも、こういった会社に依頼することで事前に防ぐことができるでしょう。

そして、費用的な面からもしっかりとアプローチするようにしましょう。ガレージに憧れている人は多いですが、実際に家に取り入れられている人と言うのは実は少ないのです。これは、ガレージは一般的な家の建築よりも更にコストがかかるためです。

ガレージで重要になってくる部は、まっ平らにする必要性はない、ということです。むしろ出来れば水の流れということも考えて、少し外側に舐められるということが重要であったりします。要は排水を考慮するということです。しかし、地下に埋め込み型のものですと、そうした角度をつけて流すといったこともできないので、他に排水の方法を考える必要性が出てくるということになります。水の流れ、処理の方法というのはかなりしっかりと考えておいてガレージを設置したほうがよいでしょう。

そうすることによって、安心して使えるガレージとすることができます。ガレージとは車庫ではありますが、作業場などそれ以外のことにも使えることもあるわけですから、なにかと便利な住宅設備であることは確かでしょう。

注文住宅でガレージを実現!

注文住宅で考えたいところとしては、やはり外観や内装あたりが多いと思います。しかしそれとは別にガレージなどをこだわるというやり方があるでしょう。

特に車が好きで、大切にしている方にとっては絶対取り入れたい要素なのではないかと思います。

もちろん、そもそもとしてガレージを作るべきかどうかということもあります。

注文住宅であろうともガレージを作ろうという場合には、基本的にそれなりの土地が必要になるでしょう。家+
ガレージをなるわけですからその分広い土地が必要になるのです。

しかしやり方次第では、別にガレージというのは独立しているものでなく、家の一部として作るということもできるわけです。ビルトインタイプガレージです。これであれば、例えば1階部分をガレージとし、居住スペースを2階3階と上に持ってくることができれば、土地の面積は広くなくともガレージハウスが可能になるわけです。こちらの方向で検討してみるというのも良いでしょう。

ガレージというのは、そもそも住宅においてどんな機能を持っているのかといいますと、要するに車庫です。

車庫ということになりますから、車を入れておくところということになるのですが、色々な作業をする場所としても活用することが多いです。

そうしたことを前提に色々と考えていくということがとても重要なことになりますので注文住宅でガレージを設置するときは、車庫としてのみ使うことを考えずに、他にも使えるやり方というのを考えておくと良いでしょう。

ガレージというのは、外観を気に入る部分があったりするわけですから、それなりに外観が良いものというのはなかなかなコストがかかってきたりすることはあります。

要するに格好いいのはどうしてもコスト的に高くなってしまうということです。何事にもこれは切っても切り離せない問題といえるでしょう。

そのあたりは本当によく考えて決めるようにしましょう。初めに予算を定めて置くことが大切です。高くても良いというのは決して悪いことではないのですが、あくまで無理のないように購入するということが重要です。

ガレージの検討においてこのコスト面は言わずもがな特に重要になってくると言えます。こだわりたくなる機能性と外観ですが、これらは追求すればするほどどうしてもコスト的に高くなるわけです。ついつい良いものを知ってしまうとそれが欲しくなってしまうのが人間の性です。予算と相談し無理のないガレージ計画をたてましょう。

それでも注文住宅では、ある意味そういうことも前提のやり方と言えますし、これから永く毎日を過ごすお家ですから少し頑張ってみる価値はあるかと思います。大事な車を保管しておく場所なわけですから、セキュリティ面にも安心できるようにすることがガレージには魅力としてあることでしょう。

注文住宅でガレージを設置しよう!

家を検討し始めたら、「注文住宅」に憧れる人が多いと思います

「注文住宅」は、内装や外観、性能など住宅に関する様々なことに、自分好みに注文をして家を作るということができることになるわけですが、それは家そのものだけではなかったりします。

つまりは、家の外観、内部、造りというのはもちろんですが、外構やガレージなどもその対象になるということです。

特にガレージはかなり遊び心を出すことができるようなところでもあります。車が好きな人にとっては絶対欲しい存在なのではないでしょうか。

そこに寝泊まりするというわけでもありませんので、かなり自分の遊び心という部分を表現することができる住宅のパーツと言えるでしょう。

しかしながら、それなりの広さの土地が必要になるということにはなってしまうわけですが、それでも車が良いものであると言うのであればガレージをしっかりと作ることによって、防犯性を高めるということもできるわけです。がっつりと住宅の一つと言えるものではないですが、住宅機能を高めることができる重要な部分といえるのは間違いないでしょう。

ガレージですが、やはり重要になってくるのがシャッターでしょう。どういったタイプのシャッターを導入するのかという部分がポイントになってきます。

形や色などそういった部分もそうですが、機能性の高いものをしっかりと注文住宅で住宅と合わせて注文するということができると満足がいくことになるでしょう。

しかしどうしてもコストがかかってしまうことではあります。その点もしっかりと踏まえて注文住宅に導入するということを考えた方が良いでしょう。

けちけちする必要性はないですがそれなりに性能がよいものをしっかりと選ぶ、ということが大きな要素となることでしょう。そして、なんだかんだでコスト面からもアプローチしたほうがよい、ということは言うまでもないでしょう。

コスト的に無理なことなどもあったりします。無理をしては元も子もなくなってきてしまいますので、そうしたことと折り合いをつけることも注文住宅においては重要なことになります。

予算と、優先順位をつけておくことが重要です。

失敗しないようにするためには、ある程度の妥協も含めて考えるようにしましょう。そうすることがおススメできるのは間違いないです。

これを読んでくれた方々が、悔いのないガレージハウスライフを送れることを祈っております。

注文住宅で理想のガレージを

注文住宅というのは色々なことを自分たちの好みに注文をして、住宅を作ってもらうということになります。

この際に、「フルオーダー」であるのか「セミオーダー」であるのか、建築会社によって違いがあったりします。ですので、何も柱一本、壁紙の色や形云々…といったようなことをひとつひとつに細かく注文を付ける必要性があるというわけではないのです。もちろんそういったつくりも可能ではあるでしょう。

つまりは、特徴的なところだけ自分で指定したい、というような場合でもちょっとした注文住宅のような形で作ることができれば結構満足度が高くなることと思います。

そして、注文住宅といえば家の中の内装やあるいは外観、家の耐火性や耐震性などそういう部分に注文をつけて充実した住宅にするというようなイメージがあるかと思います。

そういう部分も大事な部分ですが、車を入れるところというのにもこだわったりすると良いでしょう。つまりは「ガレージ」です。

ガレージにもいろいろなタイプのものがあります。例えば家と一体化しているというようなものもあるでしょうし、家から多少離れたところにガレージを作るというパターンもあります。

どちらが良いのかということですが、これは家の形とかにもよることになりますので個人的な趣味でも良いです。

ガレージと家が一体化していない場合であろうとも、その道のりに屋根をつけておいた方が何かと役に立ちますのでおすすめです。屋根があるだけで天候の悪い日に濡れずに車と家との行き来ができるので、便利な生活を過ごせるかと思います。買い物帰りの荷物の運搬にもありがたい存在となるでしょう。

ガレージですが、セキュリティ面を高く作ることもできます。自慢の愛社を強く守りたい方にはおすすめです。

内装はもちろんのことですが、いかにも「こだわる」ということができるのは、やはり「注文住宅」でしょう。自分の思い通りの雰囲気を出すということができるのは注文住宅の強みです。

また、電気や水道、ガスについてです。ガスは無くても困ることは無いかと思いますが、最低限電気は通しておいたほうが良いです。水道は必ずと言うわけではありませんが、あるとなにかと便利です。

注文住宅で作る場合にはしっかりとこれらの機能をについても考慮しましょう。電灯などは外付け、後付でもよいですが、最初から電気を通しておいたほうが何かと役に立つ、ということは多くあります。位置に制限が出て来たり、せっかくこだわった内装が、配線によってその雰囲気を損なってしまうといった事態もあるからです。特に水道は、配管を通す必要がありますので、場合によっては後付けが出来ない場合もあるので注意が必要です。

ガレージを付ける際には、「ガレージ」と一口に言うのではなく、その機能や設備についても建築前に決めておくと良いでしょう。

注文住宅にガレージを

住宅を購入する際には、「自分がどのような住宅を求めているのか」ということを明確にするということが必要となってきます。しかしこれは、何も一つのことだけにこだわるという必要性はなく、色々な部分にこだわって良いわけです。特にそんなこだわりの住宅を建てたいのであれば注文住宅であれば実現可能であるといえるわけです。

そうしたこだわれる部分の一つとして「ガレージ」があります。

建売住宅には無い、というわけではないですが、そのタイプは多くはありません。また、あったとしてもこだわれる部分は限られてきます。こだわりとしてガレージをつくりたいと考えているならば、「注文住宅」においてガレージを検討すると良いでしょう。

ガレージも様々なタイプがあります。独立している形のガレージでも良いのですが、家と一体化しているガレージについてはかなりお勧めできる要素が強くあります。天候を気にせず家と車の行き来が容易になりますし、買い物帰りの荷物の運搬も楽になるからです。

ガレージで気をつけなければならないことは何があるのかということですが、簡単にいえば「水周り」です。

ガレージで何か水を使うことはないと思うかもしれませんが、雨に降られて濡れたり汚れて帰ってくるなどということもあるわけです。或いはガレージというのは要するに車庫ですからそこで車を洗うという可能性もあるわけです。

水をどのように使うと言うよりは、水をどのように処理するのか、と言ったような形をしっかりと確認しておく必要性があるでしょう。

それによって良いガレージつきの家なるのかどうか、ということが違ってくることになります。ガレージですが耐震性などにも気をつけたいということもあると思いますが、それ以上に「耐火性」において気をつけた方がいいです。

要するに燃えるということであり、可燃性のものが内側に置かれている可能性もあるのがガレージなので、消火設備なども含めて入れることができると何かと便利で安心です。

外観もとても大事なことではありますがそれよりも内側にものすごく注意してガレージを設置するということがお勧めできることになります。

自動での消火設備などは本当にコストがかかることになりますが、セキュリティとかあるいは防火性という意味においてはかなりお勧めできるので検討してみると良いでしょう。

ガレージはこだわれるポイントも多いので、これらを全て入れるとなるとどうしてもコストが大きくかかってしまうことになります。ですが、それでも特に、良い車を持っているのであれば、「良いガレージ」が欲しいですよね。セキュリティの面においても安心だと思います。それを叶えるためには、「注文住宅」でなら実現が出来ると言えるでしょう。

ガレージハウスのデメリット

注文住宅を作るときに、絶対必要なところとしてガレージがあります。私の家では、一台分をおくことができるガレージが必要でした。そこで,どんな風にしようかと思っていたところ、一階を全てガレージにすることにしたのです。それは、素敵なガレージハウスです。

注文住宅でそのガレージハウスは、とても目立っています。誰もが一度は作りたいと思っているのではないでしょうか。便利なので、本当に助かっていますしかしそんなところでも、デメリットもあります。ここでは、一階をガレージハウスにしたデメリットについてお話します。

・一階がガレージだけになった

一階と言うと玄関があり、そこからリビングがあるのが一般的な家だと思います。すると、さっと家の中に入ることができるのです。ところが、一階を全てガレージとしているのでもったいないと思うことがあります。そのことを思うと、ほかの方法はなかったのかなと考えてしまうこともありました。

・上に上がる必要がある

一階はガレージハウスとなっているので、階段で上がる必要があります。普段なら、そのまま一階でいいはずなのです。しかし二階まで上がることが必要なのです。さっと家に入ることが出来るのですが、やっぱりその階段がちょっと辛いとおもうこともありました。足腰や痛い時には、今後のことが不安になることがあります。年をとり、このまま階段を上がることができるのだろうかと心配しました。特に車椅子等を使うことができなくなっています。そこは、悲しいデメリットと感じています。

・自動車を一台しか駐車できない

私の家の場合は、ガレージハウスとして車を一台しか駐車させることができません。今後、子供たちが独立して車を使って家に来ることができないのです。その時、どうしたらいいかと悩んでいます。通常の庭がある場合は、そこを駐車場とすることができるのですが、そんなこともできないので限られた空間としか捉えることができません。

ガレージの換気扇の位置

ガレージには換気扇が必要です。換気扇がないとエンジンをかけたときの排気ガスが充満してしまいます。とくにガレージと建物が一体となったガレージハウスの場合は、居住地に排気ガスが流れ込んでこないように換気扇の位置に気を付ける必要があります。

換気扇の位置は、シャッターや大きな窓とは反対側にします。シャッターや大きな窓の近くに換気扇を取り付けてしまうと、外気を吸い込み、ガレージ内の換気が十分に行われず、本来の意味を果たさなくなってしまいます。

そして、高い位置と低い位置の2か所に設置することもポイントです。

ガレージ内には湿気がたまりやすく、湿気は下の方にたまります。低い位置に設置した換気扇は湿気を排出し、高い位置に設置した換気扇は暖められて上昇した空気を排出します。

換気扇は後からつけることもできますが、配線がむき出しになって気になるので、注文住宅の設計の段階から換気扇のことを考えておくとよいでしょう。

スペースに余裕があるようなら、排気ダクト(空気を排出する配管)を設置するのもよいでしょう。排気ダクトは車を停めたときにマフラーがくる位置に設置をします。排気ガスを吸引して排出してくれて、ガレージ内に広がる排気ガスを最小限に抑えてくれます。

排気ダクトの力を十分に発揮させるためには、マフラーの位置とダクトの位置をあわせることが重要なので、位置を確かめて設置をしましょう。

中庭があるようなら、中庭に向けて大きな窓を設置し、窓を開放して換気をするという方法もあります。シャッターを開けたままにすると防犯面が気になりますが、中庭なら家族以外の人が入って来る心配がないため、開けておくことができます。

ガレージハウスは換気を行わないと住む人の健康状態に影響与える可能性があります。せっかく建てた注文住宅の住み心地が悪かった、排気ガスが気になるといったことがないように、注文住宅の設計の段階からガレージの換気について考えておきましょう。

注文住宅のガレージは最高!

注文住宅を作るときに、ガレージのことについても注意をすることが大切です。車を持っている人の場合は、必ずガレージが必要となるからです。そこで、注文住宅を作る時には、その予算もしっかり考えて立てるようにします。

私の家の場合は、どうしても通常のガレージというよりももっときちんとしたものを作りたいと思っていたのでそのことを突き通すことにしました。それはなんといっても、車が好きだからです。ここでは、ガレージハウスを作り満足している点についてお話します。

・車がそばにある

新車で買ったものなので、その車についてはとても大切にしていました。いつも綺麗な状態にしたいと思っていたんですね。それは主人も同じ意見でした。そうなると、自然とガレージについても単なる収容するという場所ではなく家の近くに有るガレージハウスがいいと思ったのです。

その結果、いつも車を身近に感じることができています。家から出ると、すぐそこに車があるのでとても安心できるのです。これが遠いところにあると、どうでしょう。どんなに心配するでしょうか。そこで、大好きな大切にしている車を身近に感じられるガレージハウスは最高と思っています。

・シャッターは電動

ガレージハウスにしたら、やっぱりそこはしっかりセキュリティも考えたいと思いました。そこで、シャッターについても考えたのです。シャッターは、電動で動くものを取り付けることにしました。

すると、とても見栄えがいいです。外から見ると、タイルで囲われているようになっているので高級感があります。ガレージハウスにすることにより、家だけよりも高級な感じを醸し出すことができていると思っています。

特に私の家の場合は、道路に面していることもあり見た目も良く見せたいと思っていました。そこを通る人に、素敵なガレージハウスですねと言われることがありそのことに優越感に浸っています。そのガレージハウス自体が、自慢の場所となりました。